がん患者や慢性疾患等の患者さんのケアを担う、医療サポーターとして活躍し続けることも期待されています。